スポンサードリンク

2010年06月27日

エグゼモード、ほぼ「ましかく」の写真が撮れるトイデジカメ

エグゼモードは25日、正方形の写真が撮れるキーホルダー型デジタルカメラ「SQ30m」を発表した。26日よりカメラピープルストアで先行販売し、28日にカメピネットストアで取扱う。7月上旬より全国の雑貨店などで発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は5,985円前後の見込み。本体カラーはブラック。

最近のトイデジカメブームに乗っての発売でしょうか。
雑誌の付録でトイデジカメの付く時代です。
遊び心満載のデジカメですね。
ラベル:SQ30m
posted by ぴよぼうず at 18:01 | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

DPEが無くなる日

ローソンに買い物に行ったら張り紙が・・・。

「DPEの取り扱い中止のお知らせ」

寂しいですね。

でも、仕方ないでしょうね。

写真屋でも一日のフィルム現像の本数が10本ぐらいですから。

現像液が酸化するのが写真屋の悩みです。

できるだけ忙しいお店に出してくださいね。
posted by ぴよぼうず at 14:58 | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

カメラ三脚用ノートPCデスク

サンコーの「カメラ三脚用ノートPCデスク」は、三脚に取り付けて使用するノートPC用のアルミ製テーブル。1/4インチのカメラネジに適合するネジ穴を底面に装備している。直販価格は1,980円。

これは面白い商品ですよね。
しっかりした三脚につけて使うと場所もとらずに実用的です。
価格も安いし買いですね。


posted by ぴよぼうず at 17:41 | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

GT-F730、GT-S630

エプソンは、A4フラットベッドスキャナー「GT-F730」、「GT-S630」を17日に発売する。価格はともにオープンプライス。店頭予想価格はGT-F730が1万円台後半、GT-S630が9,000円台後半の見込み。

このクラスのスキャナーってどれぐらいの実用度なんでしょうか。
フィルムがスキャンできるとうたっていますが実用範囲なんでしょうか?
僕は、フィルムスキャナー使っていますが、もし実用範囲内なら「GT-F730」お買い得ですね。

フィルムのみならこの辺のクラスでも・・・。
ラベル:GT-F730 GT-S630
posted by ぴよぼうず at 14:38 | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

BCAMショルダー

小型の一眼レフカメラなどを収納できるショルダーバッグ。6月下旬に発売する。価格は1万4,700円。カラーは5色を用意する。

 退色堅牢性、撥水性、防カビ性、通気性、耐久性に優れるというサンブレラ生地を採用。インナーに交換レンズもしくは350mlのペットボトルを収納できるホルダーを持ち、使用しない時はストッパーに挟んでおける。

 素材は牛革とナイロン。かぶせの両側に雨よけも備えた。

カメラバッグはいいものを使いましょう。
このバッグはおしゃれなデザインもさることながら退色堅牢性、撥水性、防カビ性、通気性、耐久性を重視しています。
小型一眼でもすっぽり入るのでオススメです。
posted by ぴよぼうず at 17:45 | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LUMIX DMC-FX70

パナソニックは、コンパクトデジタルカメラ「LUMIX DMC-FX70」を6月18日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は3万5,000円前後の見込み。カラーはエッセンシャルピンク、フローラルブルー、リュクスゴールド、プレシャスシルバー、エスプリブラック。

 タッチパネル式液晶モニターを搭載するコンパクトデジタルカメラ。静止画のタッチフォーカスおよびタッチシャッターに加え、動画撮影時のタッチフォーカスにも対応した。前機種の「LUMIX DMC-FX66」も販売は継続する。

シーン認識機能の「おまかせiAモード」には、被写体ブレの軽減をはかる「ブレピタモード」を新搭載。従来の動き認識と連動し、出力感度の増幅を行なう「コントラスト補正」と、より暗いシーンで動きを認識した場合には「画素混合」も行ない、シャッタースピードを約3段分速めることができるとしている。

どこのメーカーもブレ、暗所での撮影がうまく行くように苦心していますね。
各メーカーの技術競争があればあるほどユーザーには嬉しい事です。


楽天市場で最安値はこちら

posted by ぴよぼうず at 01:53 | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

キヤノンIXY 30S

キヤノンIXY 30Sの特徴として暗いところにめちゃくちゃ強いことが上げられます。
その理由は・・・・。

・明るいF2.0のレンズを搭載している
・高感度センサーと高性能エンジンDiGiC4を組み合わせたHS SYSTEMを搭載している

の2点のおかげです。

つまり
・明るいレンズにより、速いシャッタースピードで撮影できるようになる
・高感度CMOS(裏面照射型)センサーを搭載することで、ノイズの発生を抑える
・一眼レフカメラにも搭載される高性能映像エンジンDIGIC4により、ノイズを除去できる

ため、ノイズの少ない写真を撮影できるのです。

このおかげで、フラッシュが必要だったシーンでも、フラッシュ無しで撮影できるように
なりました。

今までのデジカメの弱点であった暗所での撮影をキヤノンIXY 30Sは見事にクリアしています。
ラベル:キヤノンIXY 30S
posted by ぴよぼうず at 17:34 | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

サイバーショットDSC-H55

ソニーは、デジタルカメラ「サイバーショット」の新モデル「DSC-H55」を発表。6月上旬より発売する。
102.9(幅)×57.7(高さ)×28.9(奥行)mmで重量200gのボディに、広角25mmの光学10倍ズーム「Gレンズ」を採用。撮像素子には、1410万画素で1/2.3型の「Super HAD CCD」を採用し、細部にわたるきめ細やかな描写と豊かな階調表現を実現。人物の髪の毛や肌の質感まで繊細に表現することができる。
また、画像処理エンジンには「BIONZ(ビオンズ)」を搭載し、高感度撮影時のノイズ低減に加え、高精度なフォーカシング、露出・コントラストの最適化、レスポンスの高速化、高解像度データの高速処理などを実現している。手ブレ補正として、「光学式手ブレ補正(アクティブモード)」を採用。ワイド側での手ブレ補正角度を約10倍と拡大し、制御技術を改善したことで、歩きながらの撮影でも手ブレを抑えることが可能だ。動画撮影は、MPEG-4形式のハイビジョン動画に対応。解像度は1280×720ドットとなる。
このほか、液晶は23万ドットの3.0型「クリアフォト液晶」、メモリースティックデュオとSDカード対応カードスロットを搭載。ボディカラーとして、ブラックとシルバーの2色を用意する。価格はオープン。
楽天市場で最安値

このカメラいいですよ。
旧コニカミノルタの技術陣の総決算ともいうべきカメラです。

ボディのデザインは好き嫌いの分かれるところですが、個人的には大好きです。オリンパス、パナソニックもうかうかしていられませんね。
posted by ぴよぼうず at 23:40 | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月06日

グレーカードは必要か?

コダックは、エックスライト(X-Rite)社と共同開発した色補正用カード「グレーカードプラス」を5月下旬〜6月に発売する。価格は1万500円。

 現行のグレーカードプラスにRGB、CMY、明暗2つのスキントーンのカラーパッチを追加したもの。ライティングが不均一なアングルでの撮影でも、全体に統一性のあるグレーパッチが再現できるよう改良したとしている。サイズは9×12インチ。現行のグレーカードプラスの在庫がなくなり次第、販売を開始するとしている。

 なお、追加されたカラーパッチは、エックスライトの色補正用カード「カラーチェッカー」シリーズ記載のカラーと同一。

普通の人はあんまり興味がないかもしれませんけど、写真で本来の

色を重視したいのなら一枚は持っていた方がいいかもせれません・

僕もマクベスのを使用していますがココぞというときに役に立ちます。
posted by ぴよぼうず at 22:26 | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月30日

デジカメ回復ばんざ〜い \(^o^)/

一般社団法人カメラ映像機器工業会(CIPA)は、2010年4月28日、CIPA 統計参加企業における2010年3月の「デジタルスチルカメラ生産出荷実績表」を公開した

同統計によると、3月のデジタルスチルカメラ総生産台数は1,082万6,105台。前月比148.8%、前年同月比159.7%と、ともに大幅な増加を見せている。

うーん、見事な回復振りですね。
一眼が牽引しているんでしょうね、パナソニックとかオリンパスPEN
とか。
業界関係者としては嬉しい限りです。
ラベル:デジカメ
posted by ぴよぼうず at 23:32 | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミノックスのデジカメ

駒村商会は、独MINOX製デジタルカメラの新モデル「Digital Classic Camera DCC 5.0 GOLD」を4月26日より発売する。
黒とゴールドを基調とした24金メッキ仕上げの外観が特徴。ファインダーを備えたクラシックカメラスタイルを、74(幅)×47(高さ)×44(奥行き)mmで重量110gというミニチュアサイズで実現している。
また、500万画素CMOSセンサーを備え、128MB内蔵メモリーやSDカードスロットを搭載。デジタル4倍ズームに対応し、背面には1.5型液晶モニターを装備する。焦点距離は35mm判換算で42mmに相当する。
このほか、AVI形式の動画の撮影も可能。充電式リチウムイオンバッテリーや、ストラップ、USBケーブル、ACアダプターなどが付属する。本体価格は50,000円

デザインがretroでいい感じですね。
街中で首から下げていたら目立ちそうです。
でも、この機能で5万円は高いですね。
ほとんどデザイン代でしょうね。
ラベル:ミノックス
posted by ぴよぼうず at 15:25 | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

ソニーDSC-W350D

ソニーは、デジタルカメラ「Cyber-shot(サイバーショット)」の新モデル「DSC-W350D」を4月23日より発売する。
女性社員を中心とした商品企画プロジェクトから誕生した女性向けデザインのコンパクトデジカメ。2010年2月に発売された「DSC-W350」の本体外装に、曲線美が際立つボタニカルパターン(唐草模様)や、洗練されたドットパターンとラインストーンを組み合わせた優美なデザインや透明材料を加工することで高品位な質感を醸しだすレンズリングなどを施しているのが特徴だ。
また、本体同様の模様とラインストーンによるデザインを施した別売のケースを用意。ケースに同梱されたストラップにも本体デザインと調和する装飾性を盛り込んでいるほか、本体パッケージ(外箱)も本機専用にデザインするなど、“美しく可愛らしい”というトータルなファッション性に徹底的にこだわっている。
主な仕様は、ボディサイズが、90.7(幅)×51.5(高さ)×19.4(奥行)mm・重量約120gに変更になった以外は「DSC-W350」とほぼ同じで、有効画素数1410万画素の1/2.3型「Super HAD CCD」や光学式手ブレ補正機能を搭載した光学4倍ズームレンズ、23万ドット表示対応2.7型液晶モニターなどを搭載。さっと一振りするだけでパノラマ写真が撮影できる「スイングパノラマ」機能や、撮影者の顔を検出して最適な構図で撮影できる「自分撮りタイマー」といった機能も利用可能だ。

ソニーらしくないデジカメですね。
中身はそのまま。
ボデイをデコっただけのデジカメ・・・・。
posted by ぴよぼうず at 18:35 | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

富士フイルム「FinePix HS10」

富士フイルム「FinePix HS10」
高速連写を利用したユニークな機能が魅力の高倍率ズーム機

富士フイルムがCP+開幕直前に発表した高倍率ズーム機。同社が積極的に製品を投入している「ネオ一眼」に属する製品で、レンズ交換はできないがデジタル一眼レフ並みの撮影性能を誇る。


 大きな特徴が、データの高速読み出しが可能なCMOSセンサーのメリットを生かし、高速撮影と画像合成によるユニークな機能を多数盛り込んだことだ。以下のような特徴ある機能を持つ。

「動体キャッチ」
5枚の写真を連写し、動く被写体だけを1枚の写真に合成する機能。物体が規則的に運動する様子を捕らえる「ストロボ写真」と同等の撮影が簡単にできる。撮影時、できるだけカメラが動かないように構える必要があるが、三脚に据えて厳密に固定しなくてもよいとのこと。

「動体キャンセル」
5枚の写真を連写し、建物や風景などの被写体の前を横切る人を画像処理で消す機能。観光地など、人を避けて撮るのが難しいシーンで威力を発揮する。動体キャッチ機能と同様に、カメラをしっかりホールドできれば三脚に据える必要はない。

「ぐるっとパノラマ」
カメラを左右や上下に振るだけでパノラマ写真が撮影できる機能。ソニーのCyber-shotシリーズの「スイングパノラマ」とほぼ同じ。

「ハイスピード動画」
最大1000fpsのスローモーション動画が撮影できる機能。カシオ計算機の「HIGH SPEED EXILIM」シリーズとほぼ同じ。

「前後撮り連写」
シャッターを切った瞬間の1枚に加え、前後の写真を保存する機能。カシオ計算機の「HIGH SPEED EXILIM」の「パスト連写」とほぼ同じ。シャッターを半押しした時点から画像を内部メモリーに一時的に記録し続け、シャッターを切った時点で前後6枚の画像を記録する仕組み。前後のコマ数は、それぞれ0〜6コマで任意に指定できる。「自分はいつもシャッターを切るのが遅れる」と感じる場合、前のコマを増やすことでベストショットを記録できる可能性が高まる。

価格的に考えても5万円を切る価格帯でこの性能の「FinePix HS10」
おすすめですね。



posted by ぴよぼうず at 00:47 | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月28日

恵安、厚さ2.4mmの8.9型デジタルフォトフレーム

恵安は、デジタルフォトフレームの新モデル「K-DPF89-BK」を3月29日より発売する。



24mmの超薄型ボディに、1024×600ドットの8.9型大画面グレアパネルを搭載。SD/SDHCカード対応のメモリーカードスロットを装備し、MP3形式の音楽ファイルやJPEG形式の静止画、MPEG1/MPEG4形式の動画再生を行える。
また、時計や「カレンダー」機能に加え、本体の向きを自動認識して写真の表示する「オートローテーション」機能を搭載。外部出力端子イヤホンジャックを備え、スピーカーを接続することが可能だ。本体価格は10800円。
posted by ぴよぼうず at 22:40 | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

シグマ、コンパクトデジカメ「DP2s」3月27日発売

シグマは、コンパクトデジタルカメラの新製品「SIGMA DP2s」を3月27日に発売すると発表した。
2009年4月に発売された「SIGMA DP2」の後継モデルで、APS-Cサイズの1400万画素CMOSセンサー「FOVEON X3」や、画像処理エンジン「TRUE II」、35mm判換算41mm相当の24.2mm F2.8の単焦点レンズなどを継承。新たに、AFアルゴリズムの最適化によるAFスピードの高速化や、消費電力を抑える「パワーセーブモード」の新設、背面デザインの変更などの改良が加えられているのが特徴だ。
また、最新のRAW現像ソフトウェア「SIGMA Photo Pro4.0(SPP4.0)」を同梱。従来の「SIGMA Photo Pro」から、マルチコアCPUへの対応と画像処理アルゴリズムを改善し、処理速度と画質の向上を図っている。
posted by ぴよぼうず at 20:02 | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

ポラロイドの復活

デジタル化に押され、生産が打ち切られていた「ポラロイドカメラ」が復活に向けて動き始めた。

 ポラロイド社製のインスタントカメラは「撮影後、すぐに写真が見られる」と一世を風靡(ふうび)し、温かい色合いや特殊な質感から芸術家を中心に根強いファンがいて、生産再開を求める声が多く上がっていた。今回生産を再開するのは、ヨーロッパの別の会社でファンの熱い要望に押された形。

 今回は白黒フィルムのみの販売だが、夏にはカラーフィルム、そして、新しいカメラの販売も計画されている。このフィルムは、今年中に日本の店頭にも並ぶ予定。
(yahooニュース引用)



うれしいニュースですね。
ポラロイドにはデジカメにはない暖かさ、新鮮さ、驚きがあります。
一時的なブームに終わらずに続いてほしいですね。
ラベル:ポラロイド
posted by ぴよぼうず at 23:16 | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月14日

PowerShot SX210 IS発売

キヤノンは、デジタルカメラ「PowerShot SX210 IS」の発売日を3月12日に決定した。



昨年4月に発売された「PowerShot SX200 IS」の後継機種となる製品従来モデルよりも約5.7mm薄型化したコンパクトボディに、約1410万画素に高画素化したCCD、同社初となる35mm判換算28mmスタートの光学14倍ズームレンズ、内部反射を抑え視認性を向上させた3.0型ワイド「クリアライブ液晶G」などを搭載する。



機能面では、ハイビジョン動画撮影機能をさらに強化。動画撮影中にもカメラが18種類のシーンを自動判断する「こだわりムービー」をはじめ、サンプリングレート48kHzのステレオ録音、歩きながら動画を撮影した場合のブレを軽減する「ダイナミック」モードなどが新たに追加されている。
ボディカラーは、ブラック/パープル/ゴールドの3色をラインアップ。市場想定価格は40,000円前後
ラベル:PowerShot SX210 IS
posted by ぴよぼうず at 21:08 | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

CP+】写真映像関連イベント「CP+2010」が開幕

 国内最大級の写真映像関連イベント「CP+ 2010」(シーピープラス2010)が、11日にパシフィコ横浜で開幕した。主催は一般社団法人カメラ映像機器工業会(CIPA)。

 入場料は、当日一般1,000円、土曜日・日曜日無料(簡易登録)、Web事前登録者・65歳以上(シルバーパスまたは証明できるものを持参)・障害者手帳持参者・学生(学生証持参)は無料。

  CP+(Camera & Photo Imaging Show)は、 国内のカメラメーカー、レンズメーカー、撮影用品メーカー、流通商社、ソフトウェアメーカーなどが一同に集まる新製品をいち早く紹介するイベント。これまでカメラ映像機器工業会、日本写真映像用品工業会、写真感光材料工業会、日本カラーラボ協会の4団体の共催として行なわれた「フォトイメージングエキスポ」(PIE)からCIPAが離脱し、今年より新たに立ち上げたという経緯があることから、初回の今年は注目の開幕となった。

 新製品では、ソニーの参考出品「レンズ交換式小型カメラ」をはじめ、ペンタックスの「645D」、パナソニックの「LUMIX DMC-G2」、シグマの「SD15」など注目の新製品が並ぶ。そのほか春商戦向けの新製品が一堂に会するなど、ファンには見逃せないイベントとなっている。また、著名人のトークイベント、写真家によるセミナー、写真展なども各所で行なわれる。楽しみにしている人も多いだろう。

今年は参加出来ずに残念です。
新機種見るだけでワクワクしますからね。
時間のある方は是非参加をおすすめします。
一日、楽しい時間が過ごせますよ。
posted by ぴよぼうず at 13:39 | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

Photoshop旧バージョンの下取り

 アドビは、直販サイト「アドビストア」において、「Photoshop」および「Illustrator」の旧バージョンを下取りすることで最新版のソフトウェア(ダウンロード版)を25%オフとするキャンペーンを7月31日まで実施する。

 日本の森の再生と維持への取り組みを支援する「アドビストアエコキャンペーン」として行なうもの。売上の1%をC.W.ニコル・アファンの森財団に寄付する。

 下取りの対象となるのは、「Photoshop 7」および「Illustrator 10」以前のバージョンの製品版(パッケージ版、ダウンロード版含む)。アップグレード版、特別提供版、ライセンス版、アカデミック版は下取り対象外となる。

嬉しいニュースです。
なかなか高価なので買い替えが進みません。

新しいの使いたいのですが・・・。
posted by ぴよぼうず at 10:47 | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

PEN Lite

「This is a PEN.」

 5日に発売されたオリンパスのデジタル一眼カメラの新商品「PEN Lite(ペン・ライト) E−PL1」の新CM。誰もが真っ先に覚えた懐かしい英文に併せて、宮崎あおい(24)が、クールにカメラを使いこなす。





50年前に発売された一眼レフの“名器”ペンの名を継ぐ新製品のCMは、全編がレトロなモノクロ映像。一方で、音楽には近未来的な電子音を採用。宮崎のセリフも、ラストに「ペン・ライト登場、オリンパス」と発するまで一切なしという、スタイリッシュな内容だ。

 「男女問わず、国民的な人気がある宮崎さんは、カメラのコンセプトにぴったりです」とオリンパスの担当者

オリンパスPENの発売でカメラ女子の認知度が急に高まりました。
おしゃれなカメラですもんね。
女の子が首から下げていても嫌味にならないデザインですし
文句の付けようの無いカメラですからねぇ。
posted by ぴよぼうず at 00:54 | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Powered by thp
CMS

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。